第二新卒の転職では、企業から『求められるもの』を理解しよう!

第二新卒の転職では、企業から求められるものを理解しよう

近年、転職市場では『第二新卒』の需要が高まってきています。
ただ、一方で、新卒で入社して2~5年で辞める人も多く、ライバルが多いのも現状です。

この第二新卒の転職市場で勝ち抜くためには、企業が『第二新卒に求めるもの』を知っておく必要があります。これを把握することで、第二新卒として正しい「アピールポイント」や「立ち振る舞い方」が分かります。

そこで、今回の記事では「第二新卒が企業から求められるもの」を5つ紹介しますので、ぜひ転職活動の参考にしてみてください。

『第二新卒』とは

第二新卒とは

『第二新卒』とは、「新卒で就職した会社を数年で辞めて、25歳前後で再就職する人」のことです。20代半ばの若手なので、一般的には「まだ実績が少なく、専門性もそれほど高くない」と見られる世代です。

しかし第二新卒は、近年『企業から求められる人材』となっています。
その理由は、「短期間で戦力となること」「人件費が安く抑えられること」です。

第二新卒は、数年とはいえ社会人経験を積んでいるので、既に社会人としての意識づけができています。そのため、企業側からすると、第二新卒は新卒社員が行うような「社会人研修」の必要がなく、すぐに現場に投入できる、というメリットがあります。また、20代という若さから、「業務の習得が早く、短い時間で戦力となる」とも考えられています。

さらに、第二新卒世代は「年齢が低くキャリアもない」ことから、30代あたりの中途社員と比べて「人件費が安く済む」というメリットもあります。

第二新卒が『求められるもの』は?

では、ここから、企業側が「第二新卒に求めるもの」を具体的に5つ紹介します。

企業側が求めるものを知ることで、「面接で受け答え」や「立ち振る舞い方」をどのようにすればよいのかが分かります。これが頭に入っていることで転職の成功率が変わってくるので、これから転職活動をする第2新卒の方はしっかりと理解しておいてください。

①「ビジネスマナー」の心得

第二新卒が求められるもの①「ビジネスマナーの心得」

第二新卒は会社で数年間働いた経験があるので、社会人としての「ビジネスマナー」が身についていると考えられています。

新卒社員であれば社内研修でビジネスマナーを習得させなければなりませんが、第2新卒ならそこに労力やコストを割く必要がありません。これは企業からすると、新卒社員ではなく「第二新卒を雇うメリット」です。

そのため、ビジネスマナーは企業が第二新卒に求める最低限のことなので、面接でもまず見られるポイントです。もしマナーが身についていない人材なら、企業は「より人件費の安い新卒」を選びます。よって、社会人としてのマナーが身についていることを示すためにも、「身だしなみ」や「話し方」「姿勢」に気を配って面接に臨みましょう。

②新しい仕事への「熱意」

第二新卒が求められるもの②「新しい仕事への熱意」

ふたつ目に、第2新卒に求められるものは、即戦力としての能力や実績ではなく、「新しい仕事に対する熱意がどれだけあるのか」ということです。

中途採用の30代なら実績やスキルが重視され「即戦力になるのか」ということを見られますが、第二新卒なら「まだアピールできる実績や能力がないこと」を面接官も分かっており、即戦力とは考えられていません。

そのため、第2新卒は、現時点の能力ではなく、「将来成長が見込めるか」という将来の可能性が重視されます。そして、その基準となるのが『新しい仕事への熱意』です。
強い熱意があり仕事に意欲的であれば、「新しい業務を覚えるスピードが早く、短期間で戦力になる」「今後会社を支える人材となりえる将来性がある」と考えられます。また、強い熱意を持った人が入社することで、現社員への良い刺激となるとも考えられています。

よって、面接では、「新しい仕事に対する熱意」をしっかりと伝えることが重要となります。そのため転職理由には、決して「前の会社の不満」を挙げるのではなく、「新しい仕事に挑戦したい」という熱意をアピールしましょう。

③「コミュニケーション能力」に問題がないこと

第二新卒が求められるもの③「コミュニケーション能力」

どのような仕事であっても、仕事にチームプレイは付き物です。一見ひとりで仕事をしているように見えても、必ず同僚や関連会社の社員とのコミュニケーションが発生します。そのため、社会人にとってコミュニケーション能力は必要不可欠なものです。

特に、第二新卒のような転職者は、職場では「新参者」となります。もちろん、新卒社員のようにたくさんの同期がいるわけでもありません。

そのため、転職者には「自ら積極的に周りの人とコミュニケーションをとれるか」という部分も重視されます。

逆に、どれだけ個人の能力が高くても、コミュニケーションに問題があると思われる人はまず採用されません。面接では、その話し方や受け答えでコミュニケーション能力を見られます。

ただ「自分は話下手だから…」と心配する必要はありません。
会社には「話し上手ではないけど、周りとうまくやっている人」はたくさんいます。決して話し上手である必要はなくて、コミュニケーション能力に問題がないことが伝わればOKです。そのため、面接では「笑顔で話す」「大きな声でハキハキ喋る」「スムーズな受け答えをする」ことを意識して臨無用にしましょう。

この時に気をつけたいのは「ネガティブは発言」です。
面接で今の会社の悪口を言うと、転職後も同じようなことが起こった時に「周りに悪口を漏らし、職場に悪影響を及ぼすのではないか」と思われてしまいます。発言内容も含めて、コミュニケーション能力に問題がないことを示しましょう。

④「能動的に動ける」こと

第二新卒が求められるもの④「能動的に動けること」

人は、40代、50代、60代と年齢を重ねていくうちに、次第に保守的になり、行動力が失われていきますが、20代には「若さならではの行動力」があります。

自ら能動的に動ける人であれば、多くの経験を積むことができて、それだけ早く成長することができます。これは、会社が第二新卒に求める「短期間での戦力化」にも結び付きます。

また、会社としては、若いうちに「成功だけでなく、失敗もして、大きな器に育ってほしい」と考えており、この成功も失敗も全ては行動するところから始まります。そのため、行動力がある人の方が、「将来性が大きい人材」として期待されます。

そのため、面接では、小さなことでもいいので、「前の会社の経験で、行動力が示せるようなストーリー」をひとつは話せるように準備しておくとよいでしょう。

⑤「素直」で指導しやすいこと

第二新卒が求められるもの⑤「素直で指導しやすい」

第二新卒は、社会人経験があるとはいえ、その会社では新人であり、学ぶべきことがたくさんあります。

そのため、「素直さ」というのも、第二新卒に求められる要素のひとつです。
素直であれば、人の話にしっかりと耳を傾けられるので、知識の吸収も早く、それだけ早く戦力になることが期待できます。

一方で、ひねくれた印象や頑固な印象を与えてしまうと、「扱い辛く戦力となるまでに時間がかかりそう」と思われて、採用が遠のいてしまいます。

まとめ:第二新卒に求められるものを理解して、転職率アップ!

第二新卒は社会人としての意識づけ・マナーが身についており、若い分だけ仕事の飲みこみも早いので、企業から求められる世代です。

まだ、社会人としての経験が短いので、前職の経験はさほど問われませんが、その分、しっかりと新しい仕事に対する「熱意」などを伝えることが重要です。

これに加えてさらに、「前職での経験が3年なら3年なりの実績やスキル」までアピールすることができれば、より転職率がアップするでしょう。

第二新卒なら活用しておきたい「転職サービス」

第二新卒は企業から求められている世代とはいえ、近年では新卒で入社して2~5年で辞める人が増えているので、簡単に転職先が見つかる…とは言い難い状況です。

そのため、少しでも転職率をアップさせるために、『転職エージェント』を活用しましょう。

転職エージェントは、20代~30代の転職者の多くが登録している人気の転職サービスです。

自分ひとりで活動すると、色々な問題にぶつかったり、抜け漏れがでてきてしまいますが、分からないことをすぐに聞ける「サポート役(エージェント)」がいるので、転職活動をスムーズに行うことができます。転職のプロにすぐに助けてもらえるという状況は、本当に安心して転職活動に打ち込めるので、精神的にもとても安定します。

また、既に転職エージェントに登録している方は、複数のエージェントに登録することも検討しましょう。その理由は、エージェントによって能力に差がありますし、あなたとの相性もあるからです。数社利用してみて、自分が一番信頼できるエージェントに絞るのが、あなたの転職成功の近道となります。

紹介する転職サービスは、どこも無料で、登録も5分もかからず簡単にできます。

◆おすすめ転職サービス:『DODA

DODAは業界最大級の求人数をもつ人気の転職サービスで、20~30代の多くの転職希望者が利用しています。

転職のプロ(エージェント)が『キャリアや職種に合った求人の紹介』や『応募書類の書き方』『面接対策』をサポートしてくれますし、転職活動における様々な悩みをすぐに相談することもできます。

特に、応募書類の書き方などは、自分で調べているととても大変で時間がかかりますが、DODAではすぐに専門家にチェックしてもらうことができます。また、面接でも、事前に詳しい面接情報を教えてもらうこともできます。

DODAの強みは「圧倒的な求人数」と「多くの非公開求人」を持っていることで、それにより転職希望者の選択肢が広がります。また、エージェントの対応もとても丁寧で、親身になって相談にのってくれます。

「転職エージェントと言えばDODA」というくらい実績十分で求人数の多い転職サービスなので、まずここに登録しておいて間違いないサービスです。

『DODA』はこちら。

◆第二新卒なら登録すべき:『マイナビジョブ20’s

『マイナビジョブ20’s』は20代に特化した転職サービスで、近年特に「第二新卒」からの人気を集めています。

その理由は「扱う求人が全て20代向け」となっている点です。さらに、求人の8割以上が『20代用の非公開求人』となっているため、『マイナビジョブ20’s』ならではの求人を紹介してもらえる可能性が非常に高いです。

サポート面も申し分なく、DODA同様に『あなたに合った求人の紹介』や『書類の添削』、『面接対策』などを手助けしてくれます。

「20代」「第二新卒」なら、DODAと併せて登録しておきたい転職サービスです。

⇒『『マイナビジョブ20’s』はこちら。