第二新卒で使って良かったおすすめ『転職サイト&転職エージェント』を紹介

第二新卒で使って良かったおすすめ『転職サイト&転職エージェント』を紹介

第二新卒の人は初めての転職になるので、「転職サイトや転職エージェントはどこを使えばいいんだろう…」と悩んでしまいますよね。

ネットで調べると「おすすめの転職サイト・転職エージェントはココ!」という記事がたくさんありますが、どれもおすすめしているサービスが違っていて「結局どれが良いのかわからない…」と迷ってしまいます。

なぜ記事によってこれほどおすすめが違うのかというと、転職サービスは「第二新卒向け」「既卒向け」「30代向け」というようにターゲットがそれぞれ異なるので、転職者の年齢によって使いやすさが変わるからです。つまり、記事を書いた人が「いつ転職したのか」によっておすすめが変わります。

そのため、これから転職活動をする第二新卒におすすめしたいのは「実際に第二新卒で転職した人がおすすめするサービス」を使うことです。第二新卒の人が「20代後半や30代で転職した人が書いたおすすめ転職サイト」を使ってもミスマッチでなかなか転職できないという事態になりかねません…。

そこで今回は、『私が第二新卒の時に使って良かった、おすすめの転職サイト・転職エージェント』を紹介します。

詳しくは本文に書きますが、第二新卒の転職のポイントは、大手の総合転職サービスだけでなく『第二新卒に特化した転職サイト・転職エージェント』も使うことです。これが本当に役に立ちました。私が実際に使った「第二新卒向けの転職サービス」も紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてください。

「早速、おすすめの転職サービスを知りたい」という人は記事後半の『第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント6選』に飛んでください。

『転職サイト』と『転職エージェント』の使い方

第二新卒では、「転職サイトと転職エージェントを使い分ける」ことが転職成功への近道になります。「転職サイトと転職エージェントの違いが分からない」という方は、まずこちらの記事をチェックしてみてください。

第二新卒なら、転職サイトだけ使うのは危険

第二新卒なら、転職サイトだけ使うのは危険
たまに「転職サイトだけしか使わない」という人がいますが、第二新卒にとってその進め方は危険です。

もちろん転職エージェントで受けられる「求人紹介」や「面接対策」などのサポートが受けられないということもありますが、それ以上に厳しいのが「エージェントの推薦がない」ことです。

転職エージェント経由なら企業に「エージェントの推薦状」が送られるので書類通過率が高くなりますが、転職サイトだと自分で応募するだけなので書類の通過率がかなり低くなります。特に第二新卒だと自分でアピールできる経歴やスキルがないので、エージェントの推薦がない転職サイトだけでは本当に苦戦します…。実際に、私も転職サイトで書類落ちしましたが、転職エージェントから応募したらあっさりと通過した、なんてこともありました。

「転職サイトで情報収集して、転職エージェントから応募する」のがおすすめ!

おすすめの使い方は「転職サイトで情報収集して、転職エージェントから応募する」

第二新卒では転職サイトから応募しても通過が難しいので、私は割り切って転職サイトを『情報収集用』として使っていました。

私がとった具体的な方法は、転職サイトで求人情報を見て「気になる求人」があれば、それを転職エージェントに相談して応募する、というやり方です。この方法にしてから書類通過率がとても良くなったので、第二新卒の人で「転職サイトから応募して落ちてばっかり…」と人はぜひ試してみてください!

ただ、この方法を使うなら「転職エージェントA社にはないけどB社にはある」というケースがよくあるので、転職エージェントは2~3社使うのがおすすめです。転職エージェントによって取り扱っている求人はかなり違うので、ひとつの転職エージェントにないからといって諦めないようにしましょう。

転職サイトと転職エージェントは『総合型』『特化型』を両方使おう

転職サイトと転職エージェントは『総合型』『特化型』を両方使うのがおすすめ

転職サイト・転職エージェントは『一般向けの総合型』と『転職者の属性を絞った特化型』に分けられます。最近では「第二新卒向け」「30代向け」「ハイクラス向け」などの特化型の転職サービスが増えています。

『第二新卒向け』のサービスは「第二新卒の求人数が圧倒的に多い」ので、総合型よりもたくさんの求人を紹介してもらえます。

一方で、リクナビNEXTやリクルートエージェント、dodaといった総合型の転職サービスは「大企業の第二新卒向け求人が集まりやすい」という特徴があります。

どちらにも良い部分があり両方使うことで選択肢がぐんっと広がるので、転職エージェント・転職サイトともに『総合型』『特化型』を併用するのがおすすめです。

転職エージェントの内訳は「特化型2つ」「総合型1つ」がおすすめ!

転職エージェントは「特化型2つ」「総合型1つ」使うのがおすすめ!

私が第二新卒の人におすすめしたい組み合わせは、「特化型2つ」「総合型1つ」です。

「なぜ特化型の転職エージェントが2つなのか?」というと、転職サービスによって扱っている求人が全く違うからです。A社でだけ紹介してもらえる求人、B社でだけ紹介してもらえる求人というのがたくさんあります。1つに絞ってしまうと選択肢を狭めてしまうことになるので、2つは登録するようにしましょう。

『総合型』の転職エージェントは1つ登録しておきましょう。総合型の大手転職エージェントなら「大手企業の第二新卒向け求人を紹介してもらえる」ことがあるからです。個人的に一番のおすすめはリクナビNEXTと連動できる『リクルートエージェント』です。次点で、転職エージェントの質が高い『DODA』もおすすめです。両方登録したいところですが、第二新卒特化を2つ使うとすると、労力的に考えて「総合型」の転職エージェントは1つにしておくのが良いです。

最初から、転職エージェントを4つ以上登録するのは止めよう

最初から、転職エージェントを4つ以上登録するのは止めよう

他のサイトでは「転職エージェント(担当者)との相性があるので5社以上登録しましょう」などと書かれていることがあります。私はこの言葉を鵜呑みにしてしまい5社登録してしまいましたが、働きながらできるレベルを超えていました…。慣れている人はできるのかもしれませんが、当時はじめての転職だった私はエージェントとのやり取りだけで疲れ果ててしまいました…。

私が実際に複数の転職エージェントを無理なく利用できたのが「3社」です。時間的にも情報量的にもちょうど良く感じました。

もちろん、担当者との相性は絶対にあるので、進め方としては、最初は3社に絞って、その後「このエージェントに任せるのは不安だ…」「この担当は信頼できない…」という時には他のサービスに切り替えるというのがおすすめです。

第二新卒におすすめの組み合わせはコレ!

第二新卒におすすめの転職エージェント・転職サイトの組み合わせ

第二新卒におすすめの組み合わせは、上の画像の通りです。『総合型』と『第二新卒特化型』をそれぞれ利用するのがポイントです。

総合型の大手転職サービスには「大企業の第二新卒向け求人が集まりやすい」ので、それらの求人を押さえる用として使います。第二新卒に特化した転職サービスは、総合型と比べて「第二新卒向け求人が圧倒的に多い」のが特徴なので、第二新卒のため転職エージェント「マイナビジョブ20’s」「ウズキャリ第二新卒」は必須で使いましょう。

各転職エージェント・転職サイトについては、次の項目で詳しく紹介します。

▼第二新卒におすすめの『転職エージェント』

  • 「リクルートエージェント」「マイナビジョブ20’s」「ウズキャリ第二新卒」

▼第二新卒におすすめの『転職サイト』

  • 「リクナビNEXT」「キャリトレ」

第二新卒におすすめの『転職サイト・転職エージェント』6選

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント

ここからは、『第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント』を実際に使ってみた感想とともに紹介していきます。

1位:『リクルートエージェント』

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント1位『リクルートエージェント』

タイプ:『総合型の転職エージェント』

リクルートエージェント』は、リクナビと同じ会社が運営している最大手の転職エージェントです。

第二新卒に特化しているわけではありませんが、最大手だけあって「ここにしかない大手企業の第二新卒向け求人」を紹介してもらえるので、個人的には最初に登録しておくべき必須の転職エージェントです。

「転職実績No.1」と謳っている通り、使い勝手とエージェントの対応の良さは間違いなしです。転職者には鉄板の転職エージェントなので、「どれを使えばいいか分からない・迷う」という人は、まず最初に登録しておくべきサービスです。

『リクルートエージェント』はこちら。

2位:『マイナビジョブ20’s』

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント2位『マイナビジョブ20's』

タイプ:『第二新卒向けの転職エージェント』

第二新卒に特化した転職エージェントで最もおすすめなのが『マイナビジョブ20’s』でした。

『マイナビジョブ20’s』の特徴は「全求人が20代向け」であること。第二新卒のためのサービスだけあって、リクルートエージェントよりも紹介してもらえる求人数が多く、第二新卒世代を欲している企業が集まっているので選考の通過率も高かったです。

『マイナビジョブ20’s』はこちら。

3位:『ウズキャリ第二新卒』

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント3位『ウズキャリ第二新卒』

タイプ:『第二新卒向けの転職エージェント』

ウズキャリ第二新卒』は、マイナビと同じ20代・第二新卒のためのサービスです。マイナビとはまた違った求人をたくさん紹介してもらえたので、こちらも一緒に登録しておくと選択肢がぐんっと広がります。

また、第二新卒を募集する企業の中にはブラック企業も紛れていて、「若手がすぐに辞めてしまうので募集をかけている」ということがあります。しかし、ウズキャリは、頻繁に企業訪問をしたり、転職者から定期的なフィードバックをもらうことで、ブラック企業を徹底的に排除しています。求人数は大手サービスに及びませんが、それは基準に満たない会社とは一切契約していないからでもあります。個人的には、「第二新卒の選択肢が増える」「安心して使える」という点で、マイナビジョブと併せて使いたいおすすめの転職エージェントです。

『ウズキャリ第二新卒』はこちら。

4位:『リクナビNEXT』

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント4位『リクナビNEXT』

タイプ:『総合型の転職サイト』

リクナビNEXT』は、転職希望者のほとんどが利用している超定番の転職サイトです。私の職場では「すぐに辞めたいわけではないけど、とりあえず見てる」という人が何人もいて、転職予備軍の人もお世話になっている転職サイトだと思います。

ややこしいですが、1位で紹介した『リクルートエージェント』と同じ会社が運営していますが、こちらは「転職サイト」です。そのため、エージェントからのコンタクトがないので「情報収集用」に登録しておいて損することはありません。

また、リクナビNEXTなら「リクルートエージェント」とも連携しやすいので、私はリクナビNEXTで気になる求人を見つけたらリクルートエージェントの担当に伝えて応募する、という使い方をしていました。(上で説明したとおり、エージェントを挟んだ方が圧倒的に通過しやすいからです。)

第二新卒に特化した転職サイトではないですが、「第二新卒特集」もありますし、登録しておくだけで企業から連絡がくる「スカウトシステム」もあって、コンテンツがとても充実している転職サイトなので、必須で利用したいサービスです。

『リクナビNEXT』はこちら。

5位:『キャリトレ』

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント5位『キャリトレ』

タイプ:『第二新卒向けの転職サイト』

『キャリトレ』は、CMでも有名な「ビズリーチ」が運営している20代のための転職サイトです。

『キャリトレ』はリクナビNEXTと同じ転職サイトですが、こちらは「第二新卒向け」になっていて、リクナビ系列にはない求人が多数あります。

実際にキャリトレを使って特に良かったのが、気になる求人があれば「興味があるボタン」を押すこと。興味があるボタンを押すと、それが企業に伝わって、スカウトが送られてくることがあります。とても気軽に使えて、転職のチャンスも広がるので、第二新卒ならリクナビNEXTと一緒に使いたい転職サイトです。

転職サイトは、エージェントから電話がこなくて負担にはならないので、総合型の『リクナビNEXT』と第二新卒・20代向けの『キャリトレ』に登録しておきましょう。

6位:『doda』

第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント6位『doda』

タイプ:『総合型の転職エージェント』

doda』も1位で紹介したリクルートエージェントに負けず劣らずの大手の転職エージェントです。

「転職者満足度No1」を謳っている通り、エージェントが提案してくれる求人数がとても多く、対応もとても丁寧で、好印象でした。これまで「信用できるエージェントに担当してもらいたい」「今のエージェントを信頼できない…」という人はdodaを使うことをおすすめします。

『doda』はこちら。

まとめ:第二新卒におすすめの『転職サイト・転職エージェント』

最後に、私が第二新卒の時に良かった『転職サイト』『転職エージェント』の使い方をまとめます。

まとめ:第二新卒におすすめの『転職サイト・転職エージェント』

上のまとめの通り、転職サイト・転職エージェントには「総合型」と「特化型」があります。

「第二新卒特化」したサービスは第二新卒向けの幅広い職種の求人が集まっていますし、「総合型」には「大企業の第二新卒の求人」が集まる傾向にあります。

そのため、どちらか一方だけを使うのではなく、併用することで選択肢がぐんと広がって、それだけ自分の希望に合う会社に出会えるチャンスが増えるので、ぜひ活用してみてください。

「登録が面倒…」「まだ迷っている」という人は、とりあえず『リクルートエージェント』『リクナビNEXT』にだけでも登録しておきましょう。この2つは、第二新卒に限らず、いつになっても使える鉄板サイトです。私は何度もお世話になっています。

『リクルートエージェント』はこちら。

『リクナビNEXT』はこちら。