第二新卒の転職活動で『成功する人』と『失敗する人』の間にある1つの違い

第二新卒の転職活動で『成功する人』と『失敗する人』の間にある1つの違い

私は第二新卒の時に転職活動をしていましたが、最初は書類審査で落とされてばかりで失敗続きでした…。

ただ、”あること”がきっかけで、私の転職活動ははっきりと「失敗」から「成功」に変わっていったと思います。

そこで、今回の記事では「第二新卒で転職活動がうまくいかない…」「失敗続きで心が折れそう…」と悩んでいる人に『成功する人と失敗する人の間にある、ちょっとした1つの違い』を紹介します。難しい話ではなく、とても簡単なことなのでぜひ最後まで読んでみてください。

私が第二新卒の転職活動で失敗した3つのこと

私が第二新卒の転職活動で失敗した3つのこと

私が初めて職活動をしたのは第二新卒の時ですが、今思うと「これじゃあ失敗するよな…」と思うことばかりでした。これから転職活動をする第二新卒の人が私と同じような失敗をしないように、まずは私の失敗談をお話しします。

失敗①:転職活動で疲れ切ってしまう

第二新卒の時に転職を決心した私は、会社で働きながら、転職活動をしていました。

残業して夜遅くに帰宅してからが「私の転職活動の時間」です。

帰宅後にコンビニ弁当を食べながら、転職サイトで「求人情報のチェック」や「求人応募」をしていました。だいたい毎日深夜3時前後になってしまうことが多く、たまに徹夜で会社に行くこともありました…。

初めのうちは転職に燃えていたので多少無理をしても平気だったのですが、次第に寝不足のせいで仕事中に睡魔に襲われたり、業務に集中できなくなってしまいました…自業自得ですね…。

そして、1か月もすると「しんどすぎる…もう限界…」と疲れ切ってしまい、やる気も失って動けなくなる始末…。その後は、無理をした反動で「転職活動を一切しない」という日が1~2週間続きます。この頃には、転職活動に燃えていた最初の熱意など欠片も残っていませんでした。

今思うと、自分としてはすべての時間を使って全力で取り組もうと頑張ったつもりでしたが、結果的にはできもしない無茶苦茶な取り組みになってしまい転職活動を継続的にできなかったことが大失敗でした。働きながら転職活動をするためには、「早く会社を辞めたい!!」と焦る気持ちを押さえて、身体に無理をせず余裕をもって取り組むことが大切だと思います。

失敗②:書類審査で落とされてばかり

当時は気になる求人を見つけたら片っ端から応募していましたが、書類審査で落とされてしまうことばかりでした…。

第二新卒だった私はまだアピールできる経歴やスキルがなかったので、企業の人事担当者からすると、私の職務経歴書は全国から無数に届く書類のひとつでしかなく、目に留まるポイントが全くなかったのだと思います。

ただ、これは「転職サイトしか使っていなかった」私の失敗です。アピール材料のない第二新卒でも、書類審査が通りやすい人はたくさんいます。第二新卒には第二新卒のやり方があるのです。「数うちゃ当たる」と思って情報収集を怠ってしまい、そのことを分かっていませんでした…。

先に言ってしまいますが、私と同じように書類がなかなか通らないと苦しんでいる人は「転職エージェントを使って推薦状をつけてもらう」ことで格段に書類が通りやすくなります。アピールする武器のない第二新卒にとっては、この推薦のあり・なしで結果が大きく変わります。これについては記事の後半で詳しく紹介します。

失敗③:誰にも相談できずに1人で落ち込んでしまう

上の通り、書類で落とされてばかりだったので、「自分の経歴では転職できないのかも…」と落ち込むことが多くなりました…。

次第に、「転職したい」という気持ちが「転職活動が辛い…」に変わってしまい、会社から帰っても転職サイトも開かずにぼーっとするだけです。自分に自信を失って無気力になっていたのだと思います。

1人で悩んでいると「自分なんかが転職できるわけない…」と悪い方にばかり考えてしまうので、他の人に話を聞いてもらうことが大切です。悩みを聞いてもらうだけでも、自分の気持ちがだいぶ楽になります。

しかし、当時の私は誰にも相談せずに一人で悩んで落ち込んでいました。働きながら転職活動をしていたので同期や先輩に相談することはできませんし、就職で上京した私はまだ悩みを相談できる友達もいませんでした…。そのため、誰にも相談せずに一人で落ち込んでしまい転職への熱意を失ってしまったのも、私の転職活動での失敗のひとつです。

もし、私と同じように「周りに相談できる人がいない」という人は、自分でうまく気分転換したり生き抜きすることも大切です。下の記事で、「転職活動のやる気がでない時にすぐ実践できる8つの方法」を紹介しているので、気になる人はチェックしてみてください。

転職成功へのきっかけ

第二新卒の時の「転職成功へのきっかけ」

「自分は転職できないのかもしれない…」と転職のやる気を失っていた時に、帰省して地元の友達に会いました。

話をしていると、なんとその友達は既に転職に成功していました。私と同世代なので、彼ももちろん第二新卒です。希望していた職種に就けて給料もアップした、と喜んでいました。羨ましい…

私は誰にも相談できなかったのでそこで堪えていたものを一気に吐き出すように「転職活動が失敗続きでうまくいかない」と話したら、その友達から

「もしかして、転職エージェント使ってないの!?」

とびっくりされてしまいました。

その友達曰く「第二新卒なら転職エージェントは必須!転職活動がすごく楽になるから絶対に使ったほうがいい!」とのこと。

もちろん転職エージェントを知っていましたが、なんとなく「連絡が頻繁にきて面倒くさそう、自分でできるからいいや」と思って敬遠していました。

友達の話を聞いても半信半疑でしたが、あまりに熱弁されたので「実際に転職に成功している人が言うのだから本当かもしれない…」とも思い、返ったらすぐに教えてもらった『転職エージェント』に登録してみました。

今ではこの時、友達に会って悩みを話して本当に良かったと思います。あの時教えてもらっていなかったら転職エージェントを使わずに転職を諦めていたかもしれません。転職エージェントを使うことで、これまで失敗続きだった転職活動がうまくいくようになりました。

私がエージェントを使って良かったと思う3つのこと

私がエージェントを使って良かったと思う3つのこと

転職エージェントを使ってみると、これまで辛くて仕方のなかった転職活動が嘘のように楽になりました。友達から「エージェントを使えば成功するから!!」と言われても少し疑っていたのですが、「なぜ転職エージェントを使ったほうが成功するのか」を身をもって実感することができました。

人によって「求人を紹介してくれるから良かった」とか「面接対策が役に立った」「自分の代わりに給与交渉してもらえて助かった」など様々だと思いますが、私が転職エージェントを使って特に良かったと思うのは下の3つです。

①時間に余裕ができて、転職活動が楽になった!

転職エージェントに「おすすめの求人紹介」や「応募書類のチェック」などをやってもらえるというのは想像していたよりもはるかに助かりました。

これまでは「片っ端から求人を見る」、「応募書類に不備がないか何度もチェックする」など、1人で全てやらなければいけないと自分にプレッシャーをかけていましたが、エージェントではこれらをサポートしてくれるので、自分1人の時よりも時間に余裕ができて、精神的にもとても楽になりました。

転職エージェントを使うようになってからは、深夜まで転職活動をすることもなくなって睡眠がしっかりとれるようになったので、会社でも睡魔に襲われることもなくなりました。こんなに転職活動が楽になるなら、早く使っておけば良かったと思います。

②「推薦状」があるから書類が通りやすい

また、エージェントを使って一番変わったと思ったのが「書類審査の通過率」です。

第二新卒では、まだ経験年数が少ないので武器になる経歴やスキルがありませんが、転職エージェント経由で応募すればエージェントの「推薦状」があるので書類審査が通りやすくなります。あれだけ書類で落とされて「自分の経歴では転職できないかも…」と悩んでいましたが、転職エージェントから応募するようにしたら書類で落とされることのほうが珍しくなりました。

実際に、ある企業の求人に「転職サイト」から応募して落ちてしまいましたが、転職エージェントに相談して応募したらあっさりと通ったこともあります。半分以上諦めていましたが、これにはとてもびっくりしました…。友達が言っていた「第二新卒なら転職エージェントは必須!!」という言葉の意味がよく分かりました。

③いつでも質問・相談できるので、安心して転職活動に取り組める

転職活動がうまくいかない時は精神的に不安定になりがちですが、転職エージェントにはいつでも分からないことや悩みを聞いてもらえたので、安心して転職活動に取り組むことができました。身近に相談できる相手がいなかった私にとって、エージェントは信頼できるパートナーのような存在でした。

特に希望していた求人に落ちて凹んでいた時には「転職して充実して働いている自分をイメージして頑張りましょう。私も〇〇さんのために尽力します!」などと励ましてくれます。以前なら1人で落ち込んで復活するのに何日もかかってしまっていましたが、エージェントと話しているとすぐに前向きになれて次に進むことができました。

第二新卒で成功する人の『転職エージェントの選び方』

ここまで話した通り、私が第二新卒の時に転職活動をして感じたことは、

第二新卒で転職成功するには、転職エージェントが必須

ということです。

ただ、実際にいくつかの転職エージェントを使って思ったことは「安直に大手の転職エージェントだけ使えばいいというわけではない」ということです。

大手エージェントも「大手企業や優良企業の第二新卒向け求人が集まりやすい」ので必ず使うべきですが、それにプラスして「第二新卒に特化した転職エージェント」も使うようにしましょう。なぜなら、第二新卒向けの転職エージェントでは「紹介してもらえる求人の数が圧倒的に多いから」です。

実際に私が第二新卒の時に実践して良かった組み合わせは「大手の転職エージェント1つ」と「第二新卒に特化した転職エージェント2つ」の3つです。もちろん多ければ多いほど求人を紹介してもらえるチャンスが増えるので良さそうですが、正直4つ以上同時進行するのは無理でした…。エージェントとのやり取りだけで時間が取られてしまい、それだけで疲れてしまいます。そうなると本末転倒ですよね…。

たまにブログなどで「4つ以上登録しましょう!」などと書かれていることがありますが、鵜呑みにしてはいけません。「とにかく早く転職したいから4つ以上使いたい」という人は、まず3つ使ってみて、余力がありそうなら1つ追加するという方法がいいと思います。

第二新卒の転職で成功するための転職エージェント3つ

では最後に、実際に私が使った転職エージェントの中で『第二新卒の人がまず登録しておくべきエージェント3つ』を紹介します。

「書類がなかなか通らない…」「転職失敗かも…」と落ち込んでいる人は、転職成功率アップのためにぜひ使ってみてください。どれも無料で利用できるので、気軽に登録してみてください。

①リクルートエージェント

第二新卒の転職で成功するための転職エージェント『リクルートエージェント』

転職エージェントで最も定番なのが『リクルートエージェント』で、転職成功者のほとんどが使っています。ちなみに、リクルートエージェントはあの有名な「リクナビ」と同じ会社が運営しています。

登録すると、あなたにエージェント(担当者)がついて「おすすめの求人紹介」や「書類の添削」「面接対策」などのサポートが受けられます。また、リクルートエージェントは対応がとても丁寧でレスポンスも早いので、私は少しでも分からないことがあればすぐに質問して教えてもらい、何度も助けてもらいました。使い勝手の良さとエージェントの対応の良さは間違いなしです!

第二新卒特化のエージェントではありませんが、最大手のリクルートエージェントには「大手企業や優良企業の第二新卒向け求人が集まりやすい」ので、まず最初に登録しておきましょう。私は第二新卒の時にもかなりお世話になりましたが、それ以降もたびたび利用している転職者には鉄板のサービスです。

『リクルートエージェント』はこちら。

②マイナビジョブ20’s

第二新卒の転職で成功するための転職エージェント『マイナビジョブ20's』

もうひとつ、第二新卒の転職成功に欠かせないのが『マイナビジョブ20’s』です。

『マイナビジョブ20’s』の特徴は何と言っても「全ての求人が20代向け」であること。「第二新卒のためのサービス」だけあって、リクルートエージェントよりも紹介してもらえる求人数が圧倒的に多かったです。また、第二新卒世代を欲している企業が集まっているので選考の通過率がとても高く、書類で落とされることがほとんどありませんでした。

特に「24歳~29歳向けの求人数が多い」ので、この世代の人なら絶対に使っておいて損はない転職エージェントです。

『マイナビジョブ20’s』はこちら。

③ウズキャリ第二新卒

第二新卒の転職で成功するための転職エージェント『ウズキャリ第二新卒』

ウズキャリ第二新卒』も、第二新卒ための転職エージェントです。

転職成功した友達が「他にない求人がたくさんあっていいよ!」と勧めてくれたサービスで、教えてもらった通り、リクナビ・マイナビ系列にはない求人をたくさん紹介してもらえたので、選択肢が一気に広がりました。

また、ウズキャリを使って良いなと思ったのは「ブラック企業を徹底的に排除している」ことです。担当者が頻繁に企業訪問したり、転職者から定期的なフィードバックをもらうことで、ブラック企業を完全に排除しています。これは取扱い求人数が多すぎる大手サービスにはできないことで、この徹底管理があるからこそウズキャリで紹介してもらった求人には安心して応募できます。

ウズキャリ第二新卒は「第二新卒の選択肢が増える」「安心して求人応募できる」という点で、マイナビジョブと併せて使いたいおすすめの転職エージェントです。

『ウズキャリ第二新卒』はこちら。

まとめ:第二新卒の転職で「成功する人」と「失敗する人」の違い

転職活動で「成功する人」と「失敗する人」を分ける要因は様々なものがあると思いますが、そのひとつが「転職エージェントを使うか使わないか」です。

立派な実績やスキルはすぐに手に入るものではありませんが、転職エージェントを使うことは誰でも今すぐにできることです。私は、転職エージェントを使って、これまでの失敗続きが嘘のように、転職活動がうまくいくようになりました。

1人で転職サイトだけ使って気長に取り組むというのが悪いとはいいませんが、第二新卒にとってそれだけでは厳しいのが現実です。今「転職活動がうまくいかない」「書類で落とされてばかり…」という人はぜひ転職エージェントを使ってみてください。

また、今回は転職エージェントについて書きましたが、下の記事で『私が第二新卒の時にやった転職エージェント・転職サイトの具体的な使い分け方』を紹介しているので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。