仕事の人間関係が辛い!!最悪な職場で耐えるよりも『辞めたほうがいい理由』

仕事の人間関係が辛い!!最悪な職場で耐えるよりも『辞めたほうがいい理由』

仕事の人間関係が辛いのに、無理をして働き続けていませんか。

  • 話しかけても『無視』される
  • 自分のいないところで『陰口』を言われる
  • 『仲間はずれ』にされて孤立している

職場では、このような人間関係のトラブルがよく起こりますが、このような職場いじめを受けていても、

なんとか改善する方法はないか…
人間関係なんかで辞めていいのかな…

と、辛い職場で我慢し続けようとする人がいます。そのような辛い状況にいる人にまず伝えたいことは、

「人間関係のトラブルは改善できないから、辞めたほうがいい」

ということです。

私も、「上司との人間関係で辛い思いをして仕事を辞めた」ことがあります。その経験から言えることは、『辛いのに無理をして仕事を続けるのは時間のムダ』ということです。

今回は、『仕事の人間関係が辛いなら、耐えるよりも辞めた方がいい理由』を紹介します。

▼仕事の人間関係が辛いなら、今すぐ登録!!
大手転職サイト「リクナビNEXT」はこちら。


私も人間関係が辛いので、仕事を辞めた

仕事の人間関係が辛いので、会社を辞めた

私も仕事の人間関係が辛いので、会社を辞めた一人です。

私は「部下によって態度を激変させる上司に悩んで退職する」ことになりました。

その上司は、女性の部下が質問すると「とても優しく笑顔」で応えますが、私が報告や質問をしても「無視」で、部下によって態度が真逆になる人でした。これは朝の挨拶でも同じで、女性が挨拶をすると「顔を向けて笑顔で挨拶」するのに、私が挨拶をしても「無言でパソコンを見つめたまま」です。

また、仕事の指示を直接するのも嫌なようで、上司の指示を他の人から「又聞き」することもよくありました…。仕事の指示が「又聞き」なので報告資料なども抜け漏ればかりになり、部長報告の場で部長に呆れられることもありました…。そんな時でも上司は知らん顔をして、報告が終わったらすぐに会議室を出て行ってしまいます。一方で、女性の部下には丁寧に指示をして資料もしっかりとチェックしていましたし、報告の場でも部下が言葉足らずであれば上司がフォローしていました。

このように、上司から1人だけ「無視される」「仕事の指示なし」といった差別を受け続けて、次第に上司と顔を合わせるのが怖いと思うようになり、体調を崩していきました。通勤電車で吐き気がして、満員のなか座り込んでしまったこともありましたし、仕事中に腕に蕁麻疹(じんましん)がでたこともあります。すべて上司との人間関係のストレスによるものだと思います。

そんな上司との人間関係が辛すぎるので、私はその会社を辞めました。今ではあのときの辛い日々から解放されて平和な職場で働いているので、本当に転職して良かったと思います。あのまま辛い思いをしながら耐えていたら、貴重な人生の時間を無駄にしてしているところでした。

▼私が会社を辞めた体験談はこちら。
仕事に行きたくない!! 最悪な上司との人間関係に悩まされて会社を辞めた話 仕事に行きたくない!! 最悪な上司との人間関係に悩まされて会社を辞めた話

辛い職場で耐えるよりも『辞めたほうがいい理由』

仕事の人間関係が辛いなら『辞めた方がいい理由』

仕事の人間関係で辛い思いをして耐えたからといって、良いことは何もありません。ここからは、『辛い職場で耐え続けるくらいなら辞めたほうがいい理由』を紹介します。

①人間関係が改善されることはない

辛い職場で耐えるよりも辞めたほうがいい理由①「人間関係が改善されることはない」

職場の人間関係は一度悪くなってしまうと、まず改善することはありません。自分の力でなんとかするのは不可能です。

なぜなら、社会人はすでに「成熟した大人」だからです。今から人の性格を変えることはできません。とくにあなたを悩ますくらい意地の悪い人なら、こちらから歩み寄ろうとしても変わることはなく、むしろより一層距離ができてしまうものです。

私が上司との人間関係で悩んでいた時には、なんとか改善できないかと思い、「毎日、自分から日常会話をしてみる」や「上司を持ち上げる(ヨイショする)」などやってみましたが、いずれも逆効果でした。すでに人間関係が最悪な相手に、このような見え透いた行動をすると、より相手の神経を逆なでしてしまい拒絶感が強まってしまいます。

自分が下手にでてすり寄れば関係が改善されるかも…という幻想は捨てましょう。一度悪くなった人間関係を修復するのは困難ですし、そこに時間をかけるのはムダなことです。

②「いつか相手と離れられるかも」と期待するのは危険

仕事の人間関係が辛いなら辞めたほうがいい理由②「いつか相手と離れられるかも…と期待するのは危険」

会社には「異動」や「組織変更」、「ジョブローテーション」などがあるので、いつか嫌いな相手と離れるチャンスがあります。

そのチャンスに期待して「耐えていれば、いつか離れられる」と信じて我慢しようとする人がいますが、これが一番危険です。

なぜなら、嫌いな相手と離れるチャンスはいつくるか分からないからです。もしかしたら、来月かもしれませんが、数年後かもしれませんし、10年経っても変わらないかもしれません。こればかりは「職場の人員状況」や「部署の方針」にもよるので、一社員に分かるものではありません。

時間が解決してくれる可能性もないわけではないですが、それはあくまで「可能性」です。そのわずかな可能性にかけて耐えるというのはあまりに無謀です。下手をすれば、何十年経っても離れられないことだってあるのです。

③仕事に専念できず、評価が落ちる

仕事の人間関係が辛いなら辞めたほうがいい理由③「仕事に専念できずず、評価が落ちる」

最悪な人間関係のストレスに耐えながら働いていると、集中力が落ちて仕事が手につかなくなってしまいます。

  • 相手が今どこにいるか気になる
  • 陰口を言われていないか心配
  • 不安で動悸がする

このように、仕事以外の部分に神経をつかってしまうと、仕事のスピードが落ちてしまい、ミスも増えてしまいます。

そうなってしまうと、「上司からの評価が落ちる」「重要な仕事を任されなくなる」「昇給が遠のく」など、あなたの立場や出世が危うくなってしまいます。人間関係が辛い職場では、仕事への悪影響も大きく、あなたの将来が閉ざされてしまうかもしれません。

④精神状態が崩れてしまう

仕事の人間関係が辛いなら辞めたほうがいい理由④「精神状態が崩れてしまう」

はじめは「少しくらい人間関係が苦痛でも割り切れば大丈夫」と思うかもしれませんが、その相手とは毎日のように顔を合わさなければならないので、日々ストレスが蓄積していき、最後にはうつ病やノイローゼになってしまいます。

私が上司との人間関係で悩んでいた時は、「ベッドに入っても眠れない」⇒「通勤中に吐き気に襲われる」⇒「腕に蕁麻疹(じんましん)が出る」というように、徐々に身体に異常が出るようになりました。幸い、うつ病になる前に転職することができましたが、あのまま続けていたら確実に病んでいたと思います。

もし精神状態を崩してしまうと、会社を休職することになり、それでも治らなければそのまま復帰することなく「退職」という最悪の事態もありえますうつ状態ではすぐに転職することもできず、経済的に困窮し、生活が立ちいかなくなるかもしれません。

人間関係が最悪なら、辞めてもいい

仕事の人間関係が最悪なら辞めてもいい

以上が『仕事の人間関係が辛いなら辞めたほうがいい理由』です。

人間関係の問題は「自分で解決するのが不可能」で、辛い職場で耐えていてもあなたの状況がより悪くなるばかりです。耐えていれば報われるというものではありません。

そのため、人間関係が辛いときの一番の解決方法は「辞める」ことです。辞めるだけで、簡単に辛い人間関係から解放されます。

「人間関係がうまくいかないくらいで辞めていいのかな」と思う人もいますが、私は「自分の力ではどうしようもない人間関係だからこそ辞めたほうがいい」と思います。

私も最悪な上司の下で働いて「これ以上は耐えられない…」と思って転職を決意しましたが、たったこれだけのことであれだけ絶望的で辛かった状況から簡単に抜け出すことができました。今思えば、「あれだけ悩んでいたのは何だったのだろう…」と拍子抜けするほどです。

まだ転職をしたことがない人からすると「転職は大変そう」と思うかもしれませんが、実際にやってみると本当に大したことではありません。とくにこれまで最悪な人間関係に苦しんで耐えてきた人なら、転職なんてほんのささいなことです。

人間関係が辛いなら、今から辞める準備を始めよう

仕事の人間関係が辛いなら、今から会社を辞める準備を始めよう

仕事の人間関係が辛いなら、今から辞める準備をはじめましょう。

というのは、あらかじめ準備だけでもしておけば『辞める決心をしたときにすぐに転職できる』からです。

私は上司との人間関係に悩んで転職経験者の友人に相談したときに「今のうちから転職サイトで気になる求人をチェックしておくと、辞めたくなったときにすぐ動けるよ」と教えてもらったので、私もいざというときのために「リクナビNEXT」に登録して、気になる求人をストックしておきました。

このときから使い方に慣れておいたり、求人のストックをしていたおかげで、「もうこれ以上無理だ…」と思った時にスムーズに転職活動に移れたので、すぐに新しい会社が決まりました。この準備をするかしないかで、転職までの時間がかなり変わると思います。

逆に、これをやっておかないと「いますぐ辞めたい…」と思ってもなかなか転職先が決まらずに、辞めたくても辞められない状態になってしまいます。

そのため、私のようにまだ転職まで考えていなくても、辛い状況が続いているならいざという時のために転職の準備だけでもしておくのがおすすめです。

おすすめの転職サイトは『リクナビNEXT』

私が転職する時に使っていて一番良かったのが、転職サイトの『リクナビNEXT』です。

リクナビNEXT』は誰もが知っている大手の転職サービスで、その特徴は「圧倒的な求人数」と「多くの地域をカバーしていること」です。そのため、「転職サイトならリクナビNEXTだけで大丈夫」という人もいるほどで、転職者のほとんどが利用しています。

また、リクナビNEXTなら、あなたの経歴や希望条件などを登録しておくだけで、それを見た企業が「うちを受けて見ませんか?」と連絡が入る『スカウトメール』というサービスもあります。

そのため、「まだ転職を決心していない」という人でも、早めに登録だけでもしておくと、いざ「転職しよう」と思った時に選択肢が増えますし、すぐに転職できるきっかけにもなります。

リクナビNEXT』は無料で利用できますし、必ず転職しなければならないというわけではないので、早めに登録したからといって損をすることはないので安心してください。

最後に:仕事の人間関係が辛いなら、辞めていい

仕事の人間関係が辛いなら、辞めていい

以上のように、人間関係は「自分の力では解決できない種類の悩み」です。

自分ではどうしようもない人間関係だからこそ、職場を変えるのが一番の解決策になります。辛いなら辞めてもいいのです。ただ「辞めるだけ」であれだけ辛くて苦しかった悩みがきれいさっぱりと消えて、ほんとうに気持ちが楽になります。

「まだ転職の決心がついていない」という人でも、いま職場の人間関係が辛いなら、私のように「いつでも辞められる準備」をしておきましょう。

▼仕事の人間関係が辛いなら、今すぐ登録!!
リクナビNEXT』はこちら。