職場の嫌がらせに仕返ししたい!!社内いじめに反撃するときの『最善策』

職場の嫌がらせで『仕返し』を考えたら!最大の反撃はコレ!

職場で嫌がらせを受けて、辛い思いをしていませんか。

毎日のように職場で嫌がらせを受けていると、仕事が手につかなくなったり、休日でも職場のことが頭から離れず暗い気持ちになったりします。

そんな嫌がらせに耐えている人は、

なんとかして仕返ししたい!
嫌がらせに反撃する方法はないのか?

と思うのは当然のことです。自分だけ一方的に嫌がらせを受けるなんて我慢ならないことです。

今回の記事では、職場の嫌がらせに仕返ししたい人のための『社内いじめに反撃するときの最善策』を紹介します。職場の嫌がらせに悩んでいる人はぜひ最後まで読んでみてください。

▼嫌がらせから早く解放されたい人は、転職の準備をしよう!!▼
大手転職サイト「リクナビNEXT」はこちら。


職場の嫌がらせに耐えていると、精神的に病んでしまう

職場の嫌がらせに耐えていると、精神的に病んでしまう

職場で下記のような嫌がらせを受けていませんか。これらは「社内でよくある嫌がらせ」の一部です。

  • 無視される
  • 一人だけ仲間外れにされる
  • 陰口を言われる
  • 雑務を押し付けられる

上のように、社会人になってまで「無視する・仲間外れにする・陰口を言う」といった幼稚な嫌がらせをする人がいます。

初めは「職場だけの付き合いだから割り切って気にしないようにしよう…」と思っても、職場では毎日顔を合さなければなりません。たとえ小さな嫌がらせだったとしても、日々の嫌がらせでストレスが少しずつ溜まっていき、最後には急に倒れてしまったり、うつ病になってしまうかもしれません。

実際に私も「上司から嫌がらせを受け続けて会社を辞めたこと」がありますが、そのときは「一人だけ無視される・仕事の指示をしない」などの嫌がらせをされて、通勤電車の中で「吐き気」に襲われて座り込んでしまうほど体調を壊してしまったことがあります…。

▼上司から嫌がらせを受けた時の体験談がこちら。
仕事に行きたくない!! 最悪な上司との人間関係に悩まされて会社を辞めた話 仕事に行きたくない!! 最悪な上司との人間関係に悩まされて会社を辞めた話

今まさに、社内で嫌がらせに耐え続けている人は、このまま我慢していると私のように身体を壊してしまうかもしれないので、自分の身を守るためにもなにかしらの対策をする必要があります。

『嫌がらせへの仕返し』はあなたの首を絞めることに…

嫌がらせへの『仕返し』はあなたの首を絞めることになる

職場で嫌がらせを受け続けていると、「なんとか反撃して一泡吹かせてやりたい!!」と仕返しを考えることがあると思います。

嫌がらせをする相手に『仕返しする方法』は色々あります。

  • 感情的になって殴りかかる
  • 相手の私物を隠す
  • 相手が作成した仕事のデータを消す
  • 相手の悪い噂を流す
  • 毎日相手の机にゴミを置いておく

どうでしょうか。明日からすぐにでもできる「仕返し」ばかりです。

ただ、注意してください。
このような仕返しが発覚したら、社内で大問題になる可能性があります。職場であなたの居場所がなくなって、退職に追い込まれるかもしれません…。
嫌がらせを受けた被害者のあなたが、一気に窮地に立たされてしまいます。

「バレないような小さな仕返しなら大丈夫でしょ」と思うかもしれませんが、どんな小さな仕返しだったとしても、それはあなたの立場や精神状態をより悪化させてしまいます。その理由を3つご紹介します。

嫌がらせがエスカレートする

誰がやったかバレないように仕返しをしたとしても、相手はあなたがやったことにピンとくるでしょう。なぜなら、いじめている側は「嫌がらせをしている自覚」があるため、犯人の心当たりがあるとすれば「あなた」なのです。

仕返しがバレてしまうと、相手が逆上してあなたへの嫌がらせがより一層エスカレートするのは火を見るより明らかです。

自分の周りから人がいなくなる

職場の同僚があなたが仕返しをする姿を見たり、聞いたりしたらどうなるでしょうか。

あなたが仕返しをしたことを知ると、「あの人を怒らせるとヤバい」「なるべく近づかないようにしよう…」と、あなたの周りから人が遠ざかっていてしまいます。

また、仕返しされた相手は「●●から嫌がらせされた。あいつはどうかしている!!」などと、自分のことは棚に上げて、社内の人たちに言いふらすでしょう。会社での悪い噂はすぐに広まるものです。あなたが嫌がらせを受けていたことを知らない人にも、「あなたが一方的に悪い」という印象を植え付けられてしまいます。

このような悪い噂を立てられると、社内の人から距離を置かれてしまい、職場に居づらくなってしまいます。

自己嫌悪に陥る

仕返しした瞬間はスッキリするかもしれませんが、時間をおいて冷静になってみると自分のやったことに後悔するでしょう。

なぜなら、嫌いで嫌いで仕方なかった相手と同じ手段をとってしまったからです。

自分も相手に嫌がらせをして仕返しすることで自己嫌悪に陥り、あなた自身が落ち込んでしまう…これでは本末転倒ですよね。

仕返しせず、嫌がらせが収まるのを待つしかないのか?

仕返しせず、嫌がらせが収まるのを待つしかないのか?

ここまでの話の通り、相手の嫌がらせに反撃してしまうと、あなたの社内での立場がより悪くなってしまいます。

仕返しすることであなたが社内でさらに追い詰められている姿は、相手からすると面白くて仕方がないことでしょう。わざわざ自分からそのような状況を作ってしまうのは相手の思うツボです。

仕返しや反撃をすることで自分を苦しめてしまうなら、「①上司に相談する」「②時間が解決するのを待つ」という手もあります。ただ、どちらにしても、あまり期待しすぎるのは危険です。

「相談」することで、嫌がらせがエスカレートすることもある

「上司に相談して嫌がらせが収まるのを待つ」というのもひとつの手です。

ただ、「人間関係のいざこざくらい自分でなんとかしろよ」とまともに取り合ってくれない上司もいれば、「分かった、考えとく」と言って結局何も動いてくれない上司もあります。嫌がらせの辛さは経験した人でないとなかなか分からないので、真剣に対応してくれないことがあります。

また、上司に相談したことで、上司が嫌がらせ相手に注意すると「あいつ、チクったな!!」と相手の怒りを買ってしまい、嫌がらせがよりエスカレートしてしまいます。

このように「職場の上司に相談すること」もひとつの手ではありますが、上司のタイプによってはあまり期待できないことがあります。相談する時は、上司が「真剣に部下の悩みに対応してくれるタイプかどうか」を見極めてから相談しましょう。

「時間が解決するのを待つ」のは危険

会社には「異動」や「チーム変え」などで、嫌がらせ相手と離れるチャンスがあります。そのチャンスに期待して「きっと時間が解決してくれる」と思って嫌がらせに耐え続けようとする人がいますが、その考えはとても危険です。

なぜなら、そのチャンスはいつやってくるか全く分からないからです。もしかしたら、来月かもしれませんが、数年後かもしれませんし、いつまで経っても全くないかもしれません。こればかりは、部署の方針や職場の人員状況にもよるので一社員には分かりません。「いつか変わるか分からない」ことに期待して嫌がらせに耐え続けていたら、その前にあなたがストレスの限界で病んでしまう可能性があります。

また、時間が解決するのを待っている間に、嫌がらせが収まるどころか、よりエスカレートしていきます。反撃しないのをいいことにそれに付け上がって「もっといじめてもいいだろう!」と嫌がらせがよりひどくなります。いじめに耐えれば耐えるほど、より辛い状況が待っているのです。

『転職』こそ最大の反撃だ!

『転職』こそ最大の反撃だ!

では、「嫌がらせに対する一番有効な手段」は何でしょうか。

それは、「職場から離れる」ことです。いつまでもそんな劣悪な場所にしがみついていて一方的な嫌がらせに耐え続ける必要はどこにもありません。

嫌がらせを終わらせる最も有効な方法は「転職すること」

嫌がらせを終わらせるための最も有効な方法は、「今の会社を辞めて転職すること」です。

待っていても、会社の環境はなかなか変わるものではないですし、時間が経てば経つほど嫌がらせも陰湿化していきます。

そんな嫌がらせに毎日耐えて、その会社に居続ける必要はありますか。

我慢し続けていてもあなたが辛い思いをするだけです。そのうち病んでしまい働けなくなってしまうかもしれません。

「自分にはこの会社しかない…」と思い込んで耐えている人もいると思いますが、そんな心配はしなくても大丈夫です。世の中には本当に数え切れないくらいたくさんの会社があります。あなたが安心して仕事ができる会社もきっと見つかります。今は「高齢化」や「少子化」でどの会社も働き手を確保しておきたいので、かなり転職しやすくなっています。

また「初めての転職だと不安」という人もいるかもしれませんが、今は転職が普通の時代です。リクナビNEXTのデータでは、『30代の2人に1人が転職を経験している』という結果もあります。(参考:年代別の転職回数と採用実績

あなたが「安心して平穏に仕事ができる毎日を手に入れる」ためにも、勇気を出して一歩を踏み出してみてください。

転職が「最大の反撃」になる

また、より給料や条件の良い企業に転職できれば、それが嫌がらせ相手への「最大の仕返し」になります。

いじめている相手からすれば、「自分より下に見ていた人が自分より待遇の良い会社に転職すること」は我慢ならないでしょう。

もちろん、今の会社の給料がかなり良く、転職先もほぼ同条件だとしても、「良い会社が見つかりまして」とキャリアアップをにおわせるだけでも効果的です。

「なんであんなやつが転職できるの!?」とはらわたが煮えくりかえることでしょう。

転職するだけで、大嫌いな嫌がらせ相手に仕返しができて、その後もう二度と顔を合わせることがなくなります。

まだその気がなくても、登録だけでもしておこう

「まだ転職までは考えられない…」という人も、とりあえず転職サイトに登録だけでもしておくのがオススメです。

もし「本当に辛くなってどうにもならなくなった時に転職サイトに登録すればいい」と考えている人は危険です。

精神的に病んでしまってからでは、転職する気力も失っているかもしれません。体を壊して会社に行けなくなりそのまま退職してしまっては、お金に困ってしまいます。

また、「もう無理!辞めたい!」と思ってから転職サイトに登録していては、すぐに辞めることはできません。使い方を覚えたり、求人をチェックするのにも時間がかかってしまうからです。その場合、転職先が決まるまでにどうしても時間がかかってしまうので、「職場が辛すぎて早く転職したいのにできない」ということになってしまいます。

そのため、あらかじめ転職サイトを少し触って慣れておいたり、気になる求人をストックしておくだけで、「もう限界だ…辞めよう」と思った時にすぐに動き出せます。

この準備の差で、転職活動スタートから転職決定までの時間がかなり違ってきます。本当に嫌がらせに悩まされている人なら、転職サイトに登録して少し触るだけでもしておくべきです。

転職サイトのおすすめは『リクナビNEXT』

最後に、おすすめの転職サイトを紹介します。

転職サイトのおすすめは大手転職サイトの『リクナビNEXT』です。

転職サイトの中では圧倒的に求人数が多く、多くの地域をカバーしているので、「転職サイトならリクナビNEXTだけ使えば大丈夫」という人もいるほど、転職者のほとんどが利用しているサービスです。

ただ、私が仕事で悩んでいる人に『リクナビNEXT』をおすすめする理由は、他にあります。

それは、「スカウトメール」という機能です。

スカウトメールは、あなたの経歴や希望条件などの情報を登録しておくだけで、それを見た企業が「うちを受けて見ませんか?」というメールが入るサービスです。

そのため、このスカウトメールの登録だけでも早めにしておくと、「転職しよう」と思った時に選択肢が増えますし、すぐに転職できるきっかけにもなります。

リクナビNEXTは『無料』で利用できるので、早めに登録しておいたほうが絶対に今後のためになります。

私も仕事に悩んでいた時には、働きながら『リクナビNEXT』で求人情報をチェックしていたので、「もう無理だ」と思った時にすぐ転職活動をスタートできました。

職場の嫌がらせに苦しんでいる人は今すぐ『リクナビNEXT』に登録だけでもしておきましょう。

大手転職サイト「リクナビNEXT」はこちら。


まとめ:職場の嫌がらせで悩んだら、『転職』を考えよう

職場嫌がらせは陰湿なものも多く、我慢して耐えていると、そのうちあなたの心が壊れてしまいます。精神的に病んでしまっては、1年間以上働けなくなってしまうこともあるので、絶対に無理はしないでください。

会社では部下や同僚はあくまで他人、あなたを守れるのはあなただけなのです。

朝起きて「もう無理だ」と思ったら、数日間会社を休んでしまいましょう。体を壊してまで、やらなければならない仕事なんてありません。上司に何と言われようが、これは正当な従業員の権利です。気にすることはありません。

ただ、そのような追い込まれた状態になる前に、早めに転職の準備もしておきましょう。

転職サイトに登録したからといって絶対に転職しなければならないというわけではないので安心してください。いざという時のために、今から使い方になれたり、気になる求人をストックしておくなどの準備だけでもしておきましょう。

▼嫌がらせで悩んでいる人は今から準備しておこう!▼

大手転職サイト「リクナビNEXT」はこちら。