仕事に行きたくない!! 最悪な上司との人間関係に悩まされて会社を辞めた話

仕事に行きたくない!! 最悪な上司との人間関係に悩まされて会社を辞めた話

「仕事に行きたくない…」と悩みながら無理をしていませんか。

辛い思いを抱えたまま働き続けていると、いつか身体を壊してしまいます。

私は、上司との人間関係で悩んでいた時、通勤中の満員電車で吐き気がして座り込んでしまったことがあります…。当時、朝起きて一番に思っていたことは「仕事に行きたくない…」ということでした。とにかく会社に行くのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。

毎日会社に行くのが嫌で嫌で仕方ありませんでした…

今は転職をして別の会社で働いているので、当時の悩みからは解放されました。その経験をした今だから言えることですが、辛い思いをしながら働き続けることは『時間の無駄』でしかありません。世の中には本当にたくさんの会社があるので、あなたが悩まずにイキイキと働ける会社もきっとあるはずです。少なくとも、今の会社を抜け出せば、状況ははるかに良くなります。

今回は、私のように「仕事に行きたくない…」と悩んでいる人に向けて『私が上司との人間関係に悩んで会社を辞めた体験談』を紹介したいと思います。

▼「仕事行きたくない」と悩んでいる人はこちら。
大手転職サイト「リクナビNEXT」はこちら。


最悪!!「自分にだけ態度を変える」上司

『自分にだけ態度を変える最悪な上司』に悩まされ、「仕事に行きたくない」と思うようになる

私が上司との人間関係に悩んでいたのは、社会人5年目の頃。

その人は、気に入った部下には「笑顔」、嫌いな部下には「無視」というように、『部下によって態度を激変させる最悪な上司』でした。私はこの上司との人間関係に悩むようになってから、毎日のように「仕事に行きたくない…」と思うようになり、体調を崩してしまいました…。

私にだけ冷たい態度

その上司の元にいた部下は4人だったのですが、その中で「男性」は私だけでした。

そして、その上司は『特に女性をかわいがる人』でした…。

忙しそうにしている時でも、部下の女性から質問されたら手を止めて笑顔でやさしく質問に答えます。また、女性が困っている姿を見たら、一緒に作業をしながら手取り足取り丁寧に教えます。他のチームの人がその様子を見ると「課長なのに、そこまで細かなことを一緒にやるの!?」と驚かれるほどでした…。

一方で、私が仕事の報告にいくと、

〇〇の資料ができました。

……………ああ……

と聞こえないような声で返事をするだけです。もちろん、目も合わせてくれません…。リアクションがないので、上司が私にどうしてほしいのか全く分かりません。

また、私が仕事内容を質問しても、「忙しいから、他の人に聞いて…」と、話すのを拒否している様子でした。他の部下の女性とは明らかに対応が違います。

また、それは『朝の挨拶』でも同じでした。
女性が「おはようございます」と挨拶すると顔を上げて「おはよう!」と返しますが、私が挨拶をしても「………」と無言です。さも「集中してるから聞こない」という感じでパソコンを睨んでいますが、私は上司と向い合せの席で距離がとても近いので聞こえないわけがありません。

このように、態度で「お前には興味がないから」と言われているかのようでした…。

上司の指示すら「又聞き」する状態

その上司は、私に直接指示をするのも嫌なようで、「上司の指示を同じチームの女性から聞く」こともよくありました。

課長が△△やってって言ってたよ…

……そうなんだ…

このように、指示すらまともにしてくれません。女性社員も私の現状は分かっているので、気まずそうに伝えてくれました…。

仕事の指示が「又聞き」なので、当然ですが抜け漏ればかりです。仕事としては致命的ですよね…。詳細を聞きにいってもほとんど会話をしてもらえないので、「よくわからない状態で推測しながら仕事をする」というような、あまりに非効率で最悪な状態でした。

報告も「的外れ」になる

上司の指示が「又聞き」状態なので、私が部長に報告や提案をするときにも、的外れな内容になってしまうことがよくありました。報告が終わっても「俺は関係ない」というように目を合わせずにさっさと会議室を出て行ってしまいます。

一方で、女性の部下が報告するときは、上司がしっかりと指示してチェックもするのでまとまった内容になっています。報告の場でも、部下が言葉足らずなら上司がコメントをしてフォローしていました。

この対応の差をはじめて見せつけられた時には、「ここまでするのか…」と本当に絶望的な気持ちになりました…。

この頃から、さらに「仕事に行きたくない」という気持ちが強くなり、毎朝家を出るのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。

仕事の能率が落ち、土日も出社するようになる

この上司との人間関係のストレスから、次第に仕事に集中できなくなっていきました。

以前のように仕事ができなくなり、これまで1時間で終えていた仕事が2時間近くかかるようになったり、これまでではありえないような単純なミスが増えました。

当然ですが、期日中に仕事が終わらなくなったので、「残業」が一気に増えて、さらに「休日出社」することも増えました。

ただ、当時は「休日なら上司がいないから安心して仕事ができる」と、自分の中で休日出社を肯定的に考えてしまっていました。今思うと明らかに異常な考えでした…。

関係改善のために「1日1回自分から話しかけてみる」が…

「もう上司とは必要最低限のことしか話さないほうがいいのかも…」とも考えましたが、自分から遠ざけてしまうとより関係が悪化してしまいそうな気がしたので、「1日1回は自分から日常的な会話をする」ようにしていました。

毎日話しかけるのが怖くて怖くて仕方ありませんでしたが、「なんとかして関係を改善できないか」と必死にもがいていました。

今日の電車、すごく混んでましたね

…………

駅前のカフェ行きました?

…………知らん……

「続けていればいつか関係が良くなるかも」という淡い期待にすがっていましたが、どれだけ話しかけてもムスッとした顔のままほぼノーリアクションで、一向に関係が良くなることはありませんでした…。むしろ、人間関係が良くなるどころか、より一層拒絶感が強まってしまった気がします。

次第に身体を壊していく(不眠・吐き気・蕁麻疹)

次第に身体を壊していき、「仕事に行きたくない」と思うようになる

上司との人間関係が辛すぎて、次第に体調が良くない日が増えていきました。

ベッドに入っても眠れない

上司の差別に耐えていましたが、次第に家に帰ってからも上司のことが頭から離れなくなりました。夜ベッドに入ってからも「また明日も会社か…仕事行きたくないな…」と考えてしまい、2時間経っても眠れないという日が増えてきました。

出社前に「吐き気」に襲われる

また、毎朝のように「仕事に行きたくない…」と思うようになって、家の扉を開けると「オェッ」と吐き気がするようになりました。特にひどい時には、通勤電車の中で吐き気がして気持ち悪くなり、途中下車してベンチで休むという日が週に1回起こるようになりました。会社に近づくにつれて、体が出社するのを拒否しているような感じでした。

満員電車の中で立っていられなくなり、その場に座り込んでしまうことが何度もありました…

腕に「蕁麻疹(じんましん)」がでる

仕事をしていると、突然、左腕が痒くなり、袖をまくってみると蚊に刺されたようにぽつぽつとした腫れがあり「蕁麻疹(じんましん)」になっていました。「目の前に嫌いな課長がいる」「毎日のように態度の違いを見せつけられる」という職場では、いつも心が落ち着かず、精神的に限界がきていたのだと思います。

ある日「もう限界…」と思い、会社を休みがちになる

「仕事に行きたくない…もう限界だ…」と思い、会社を休みがちになる

ある朝、目が覚めたら、

仕事に行きたくない….もう限界だ…

と布団から出られなくなりました。ベッドから起きあがる気力すらありません。

上司に体調不良の連絡を入れても、「了解。」という短い返事だけ。

ちなみに、上司は女性から休みの連絡を入れると「大丈夫?仕事のことは気にしなくていいから、しっかり休養してね」とやさしい言葉をかけていました。休みの連絡ひとつとっても、雲泥の差でした…。

この日を境にして、会社を休みがちになりました。

数年後の自分を想像して、朝から涙を流す

数年後も「仕事に行きたくない」と思いながら働いている自分しか想像できず、朝から涙を流す

仕事を休むようになって、「これがいつまで続くのだろう…」と考えるようになりました。

私の会社では「ジョブローテーション」や「組織変更」がほとんどなかったので、上司の元を離れるタイミングがありません。おそらく数年後も同じ上司の元で働いているでしょう。

数年後の自分をイメージしても、毎日暗い顔をして「仕事に行きたくない…」と思いながら働いている姿しか想像できないことがショックでした…。

そんな将来の情けない自分を想像したら、朝から涙がこぼれました…もう1年だってこの状況が続くのは耐えられないような気がしました…。

早くこの苦しみから解放されて、普通に働けるようになりたい…。

この時、私は会社を辞めて「転職」することを決心しました。

転職するだけで、悩みから解放された

仕事を辞めることを決心してから転職するまでは早かったです。3か月もかかりませんでした。

すぐに転職できたのは「友人の助言」のおかげ

私がすぐに転職できたのは「友人のアドバイス」のおかげでした。

以前に「仕事に行きたくない…」と友人に相談していたときに、「今のうちから転職サイトで気になる求人をチェックしておくと、辞めたくなったときにすぐ動き出せる」と教えてもらっていました。実際に友人は仕事で悩むようになると「転職サイトで求人をストックする」というやり方をして、「もう仕事に行きたくない」と思った時にスムーズに転職できたそうです。

その当時、私はまだ転職まで考えていませんでしたが「転職経験者の友人が言うなら…」と、私もいざというときのために「リクナビNEXT」に登録して気になる求人をストックするようにしていました。

今振り返ると、本当にこの準備をしておいて良かったです!転職活動のスタートが「膨大な求人のチェック」を飛ばしていきなり「求人の応募」から始められたので、会社を辞めようと思ってから転職が決まるまでの時間がかなり短縮されたと思います。

上司に「退職する」ことを報告

転職先が決まったら、上司に退職の報告にいきました。

無視されたらどうしよう…と少し不安でしたが、「少しお話しさせてください」と切り出すと、私の雰囲気から内容を察したようで別室に移動してくれました。

自分「転職先が決まったので、退職しようと思います」

上司「…………そうか……わかった……」

自分「今までありがとうございました」

予想通りでしたが、そのやり取りはあっさりしたものでした。退職を申し出ると強引に引き止められることもありますが、このときばかりは自分に興味がない上司で良かったと思いました。本当にびっくりするくらい、あっさりと辞められました。

また、退職時に人事部に「退職の理由を聞かせてほしい」と呼ばれましたが、あくまで「今の会社とは別の分野に興味があるため」という理由を伝えました。「上司との人間関係が辛いこと」を伝えるか迷いましたが、これ以上この会社でいざこざに巻き込まれたくないので穏便に退職することを選びました。もし本当の退職理由を伝えてそれが上司の耳に入れば報復も考えられますし、社内で大きな問題となって色んな人に聴取されることになるかもしれません。今でも、この辞め方でよかったと思っています。

今は悩みから解放されて、ふつうの職場へ

会社を辞めた後は、嫌がらせをする上司がいない「普通の職場」で働いています。

ここでは、上司から差別されることもありませんし、これまでのように「上司にどのように話しかければいいのだろう」と悩むこともありません。「自分の仕事に集中する」というのはごく普通のことなのですが、いまはその普通の環境で働けることの喜びをかみしめながら働いています。こんなことなら、もっと早くに転職をしておけばよかったと思います。

絶望的な状況から抜け出すのは簡単なことだった

今、私のように、職場で解決策が見えずに途方に暮れて「仕事に行きたくない」と悩んでいる人に伝えたいことは、「絶望的な状況から抜け出すのは難しいことじゃない」ということです。

転職は大したことじゃない

今思えば、毎日のように「仕事に行きたくない…」と考えていた絶望的な状況から抜け出すのは簡単なことでした。

「職場を変える」、これだけです。

たったこれだけのことで、「あれだけ悩んだのは何だったんだろう…」と拍子抜けするくらいあっけなく悩みから解放されました。

「たったこれだけって言うけど、転職は大変でしょ…」と思った人、そう思うのは仕方ありません。

「転職が簡単」とは言いませんが、実際にやってみると思っているほど難しいことではありません。私も初めての転職は不安でしたが、上司との人間関係に悩んで絶望していた日々を思えば、転職なんてほんの些細なことでしかありませんでした。私と同じように、今まで辛い状況に耐え続けてきた我慢強い人なら、きっと転職活動で挫けることはありませんし、「絶対に今の会社を抜け出してやる!」という強い気持ちを糧に頑張ることができます。

「自分にはこの会社しかない」という思い込みは捨てよう

そうは言っても「他の会社で働けるか不安…」と弱気になっている人もいるでしょう。

誰でも精神的に辛い状況に陥ってしまうと自分に自信が持てなくなってしまい、「自分が働ける会社はここしかない…ここで頑張らないと…」と視野が狭くなりがちです。

しかし、「自分にはこの会社しかない」なんてことは絶対にありません。

今は精神的に不安定になっているので、自分を過小評価してネガティブに考えてしまっているだけです。この考えに縛られていては、いつまで経っても辛い状況から抜け出すことができないので、気持ちを強く持ってこの間違った思い込みを捨ててしまいましょう。

世の中には本当にたくさんの会社があります。ましてや今は「売り手市場」で、会社は働き手を求めているので、転職者に有利な状況です。私がそうだったように、あなたが悩みから解放されて笑顔で働ける会社もきっとあります。

仕事に行きたくない日が続いたら、辞める準備をしよう

いま「仕事に行きたくない」と思っている人は、辞めるか分からなくてもとりあえず「転職サイト」を利用してみるのがおすすめです。

いますぐに転職する気がなくても、私がしたように『使い方に慣れておく』『求人をチェックしておく』ことで、「もう無理だ…」と心が折れた時にすぐに転職活動をスタートできます。

とくに『リクナビNEXT』なら、あなたの経歴や希望条件などを登録しておくだけで、それを見た企業が「うちを受けて見ませんか?」と連絡がくるサービスもあります。そのため、登録だけでも早めにしておくと、いざ「転職しよう」と思った時に選択肢が増えますし、すぐに転職できるきっかけにもなります。

リクナビNEXT』は無料で利用できるので、いま登録しておくことで損をすることはありませんし、きっと今後のあなたのためになります。面倒くさがっていてはいつまで経っても辛い状況から抜け出すことはできないので、まず登録だけでもしてみてください。5分もかからず簡単にできます。

大手転職サイト「リクナビNEXT」はこちら。


最後に:仕事に行きたくないなら、辞めても大丈夫!

辛くて辛くて毎日のように「仕事に行きたくない」と思っているなら、会社を辞めてしまっても大丈夫です。

会社は組織である以上、簡単に変わることができないので、社員の抱えている悩みがすぐに解決することは稀です。そのため、職場の問題は「辞めることが一番の解決策になる」ということはよくあることです。

もし「こんなことで辞めていいのかな」と悩んでいるなら、「職場の問題だからこそ辞めることでしか解決できないことがある」と考えを改めてください。

私は、このまま働き続けていても、上司から離れるチャンスがないと思い、この会社を辞める決心をしました。職場を変えただけで、あれだけ毎日悩んでいた問題がきれいさっぱりと消えてしまいました。今は上司との人間関係に悩むことがなくなったので、集中して仕事ができますし、家でも「仕事のことが頭から離れない」ということもなくなりプライベートが充実するようになりました。本当に辞めてよかったと思います。

あなたも今「仕事に行きたくない」と深刻に悩んでいるなら、今からいつでも辞められる準備だけでもしておきましょう。

▼「会社に行きたくない」と悩んでいる人は登録だけでもしておこう!
大手転職サイト「リクナビNEXT」はこちら。